【京都】京都でしか買えない!?京銘菓 出町ふたばの名代豆餅の裏技|あじみログ

スポンサーリンク
和菓子
スポンサーリンク

京都でしか買えないものの代名詞と言えば出町ふたばの名代豆餅ではないでしょうか。

DSC_0574-1

もちの食感がおいしいのは作りたてのためか?

賞味期限が当日なので関西圏以外の場合、友人への京都土産にはほぼ不可能なんです。

実際、当日に食べると餅が柔らかくオイシイです。

関東圏の場合、知ってる人は新幹線でハンドキャリーすると、

「えっ、出町ふたばの豆餅食べられるの?」と驚かれ


「出町柳まで行って、行列に並び、新幹線で帰る」

という離れ技に恐縮され喜ばれるお土産となります。

パッケージも京都旅行のお土産というよりは、

近所の和菓子屋さんでちょっと買ってきましたっていうノリもフレンドリー。

このモチモチ感と餡の甘さ、

豆の微妙な塩分が塩梅がいいのが豆餅のオイシサです。


なので、京都に行くたびに買ってしまいます。

豆餅ですが、実は出町柳以外でも買えます。

JR京都伊勢丹でも買えます。

ただ、新幹線に乗るであろう

夕方の帰りの時間には売り切れでほぼありません。


また、販売の曜日、時間、個数なども決まっているので、

狙わないと難しいです。

さらに東京でも買えます。


日本橋三越 毎月第3土曜日の入荷

※午後2時より整理券配布 ※午後3時より販売(日本橋三越サイトより)

新宿高島屋や日本橋高島屋でも買えると思います。

また、出町柳の出町ふたばでは電話の予約が出来ます。

電話で予約するか店頭でお店の方に頼んで予約ができます。

だいたい30分ぐらいで来てくださいと言われるので行くと

行列に並ばずに購入することができます。

また、豆餅ばかりフューチャーされますが、

その他の和菓子も美味しいです。

オススメは最中。

豆餅と同じ餡なのでしょうか。独特の甘さで美味しいです。

こちらは豆餅と違って日持ちがしますので、

京都土産には持ってこいです。

ただそのためか、

売り切れのことも多く豆餅より早くなくなることが多いです。

京都に行ったら出町ふたばがオススメです。

【まとめ】

・電話もしくは店頭予約で行列に並ばず買える。
・JR京都伊勢丹で買える(夕方には売り切れ)
・日本橋三越ほか東京の百貨店で月1回の土曜日に買える。
・豆餅のほかには最中がおいしい。

最後の訪問が2015年12月です。少し情報が古くてすいません。


DSC_0572-1
IMG_9462-1 IMG_9460-1
DSC_8442-1 DSC_8435-1 DSC_8434-1
DSC_8416-1

DSC_8417-1

DSC_8419-1DSC_8421-1

タイトルとURLをコピーしました